スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンブレー同盟戦争 その1 (注 相当長いです)

 1527年4月19日 
 ヴェネツィア軍の傭兵隊長アーカントスは、フィレンツェの政治家
 フランチェスコ・グイッチァルディーニとニッコロ・マキアヴェッリと
 共に、300人のスキアヴォーニ(ギリシャ人軽装騎兵)を引き連れて
 陸路でフィレンツェへと向かったいた。

 当時の情勢を簡単に説明しよう。当時のヨーロッパは、神聖ローマ
 皇帝にしてスペイン王カール5世とフランス王フランソワ1世の2大
 勢力がイタリア半島の覇権を巡り争っていた。スペインは南イタリ
 アに強固な地盤を築いていた。
 一方のフランスは1525年のパヴィアの戦いに敗北し、国王が
 捕虜になると言う事態を招いた。しかし、翌26年にマドリード協定
 により釈放された。
 だが、フランスはその条約によりイタリアに築いた地盤をスペインに
 委譲しなくてはならなかった。
 フランス王は不服とし、釈放されると同時に
 「この協定は強制的に結ばれた物であり無効である。」
 と宣言。さらに、スペインの勢力拡大を快く思っていなかった教皇領、
 ヴェネツィア、フィレンツェ等を巻き込み「コニャック同盟」を締結した。
 同盟が締結されたのは1526年5月22日のことである。

 翌6月下旬、教皇領、ヴェネツィア、フィレンツェの各軍は、カール
 5世軍の包囲するミラノに進軍した。しかし、スペイン軍の強力な
 反撃に遭い撤退する事になる。
 その後も大した成果をあげる事も無く、翌年を迎える。

 翌1527年1月30日 カール5世軍はミラノを出発する。
 そして、各地の略奪を続けながらボローニャに向かう。
 教皇軍の一部がボローニャの防衛に向かう。

 2月下旬 コニャック同盟軍の艦隊がナポリ沿岸を襲撃
 そして占領する。

 3月7日 カール5世軍はボローニャ領で略奪を続ける。

 3月15日 コニャック同盟軍はやむなくナポリ沿岸からの撤退
 等の条件と共に8ヶ月の停戦協定を結ぶ。

 だが、カール5世軍を指揮していたブルボン元帥が協定の
 遵守を拒絶した。ボローニャ領内を略奪しつくすと、そのまま
 フィレンツェに向かい進軍した。3月30日のことである。



 ブログランキング
 アーカントスとグイッチァルディーニとマキアヴェッリは
 轡を並べてフィレンツェに向う街道を進んでいた。
 後方にはギリシャ騎兵が続く・・・

 「アーカントス君、君の初陣はどの戦いだったかね?」

 「私は1509年のカンブレー同盟戦争でした。マキアヴェッリ殿は
 その時はピサ戦争の真っ只中でしたな」

 「うむ、あの時の私は一番輝いていた。市民兵を組織し、戦争に
 勝利して自分が何者でもなれると思っていた。当時の神聖ローマ
 帝国の皇帝マクシミリアン1世に面会した事もあったぞ」

 「うむ、アーカントス君。そのカンブレー同盟戦争についての話を聞き
 たいのだが・・・」

 「構いませんよ?ただ、その前に私の生い立ちについて説明
 する必要があります・・・・・」






 
 我々の一族は元を辿ればビザンツ帝国に仕えた武官の
 一族であったが、1453年のビザンツ帝国の崩壊と共に、ビザンツ
 系でオスマン帝国と敵対していたモレアス専制公領へ移り住む。

 だが、その地も1460年には陥落。私の祖父やオスマンの支配を
 嫌う人々は山地に移りゲリラ戦を行なう。その地で祖父は指導者
 として戦ったが、数年後には戦友達と共にヴェネツィアに亡命。
 モドーネの地へ移り住む。その地でギリシャ人部隊を結成する。

 
 1493年にその地で私は産まれた。
 父親はギリシャ人部隊の指揮官で、名前をメルギウスと言う。
 母親は北方の地の生まれの女性だ。
 私は父親が40近くになってやっと恵まれた子宝で
 「コイツが俺の後を継いでトルコ人を叩きのめし一族の悲願
 を達成する!」
 と、父親は大喜びしたそうだ。私は、物心ついた時から乗馬
 や剣の扱い方を仕込まれた。

 だが、1500年8月にオスマン帝国の攻撃によりその地は陥落。
 大好きだった祖父も戦死した。争いの最中小さい頃から遊んだ
 2人の親友は行方不明になってしまった。
 我々はその後コルフ島に移り住むようになった。



 1508年12月25日
 私は当時15歳のクリスマスをコルフ島の実家で迎えていた。
 その日もクリスマスであろうが関係無しに乗馬の稽古をする。
 林の木々の所々に赤い○印がつけられている・・・
 馬の腹を蹴り馬を駆け出す
 駆け抜けながら木の剣でその印を正確に突く
 「・・・・・・・うむ、上出来だ。その調子なら実戦でも通用するだろう」
 訓練役を務めているのはカタイ(中国)出身の武人で陳厳と言う老
 人だった。無実の罪を着せられ国を追われ、ギリシャまで辿り
 着いたと言う前歴を持ってる。その地で祖父と共に戦った戦友の
 一人だ。性格は厳格で冷静、熱しやすい性格である私の父親の
 諌め役である。
 「だが、剣の持ち方がまだ甘いな・・・しっかり握っていないと
 相手の剣を受け止めた時に弾き落とされる・・・」
 俺は馬を降りて友人のゼトスから水筒を受け取るとその中身を一
 気に飲み干した。
 「先生、俺は何時になったら戦いに出れるようになるのでしょうか?」
 その頃の俺の夢は、戦争に行き大手柄を立てることだった。世界中
 に俺の力を知らしめてやると思っていた。そんな勝気な俺を陳老人は
 可愛い孫のように諭す。
 「焦らずとも機会はいずれやって来る。その時こそ、君の力を思う存分
 振るうとよい。しかし、今は修行して力を蓄えるのじゃよ・・・」
 祖父が居なくなって以降、陳老人を実の祖父同然に思っていた俺は
 そう言われるとやる気が出た。
 「わかりました!よし今度は弓の修行だ。ゼトスお前も付き合え!」
 「あ~今行くから服引っ張らないで~~」

 夕方まで訓練してさすがにくたくたになった。草の上で倒れこんで
 空を見上げていると、向こうの方からゼトスの父親のゼノンが小太り
 の腹を揺らしてやって来た。
 「二人ともやっぱりここに居たのかい・・・隊長が坊ちゃんの事を呼ん
 でましたぜ」
 隊長と言うのは父親の呼び名で、坊ちゃんとは部隊の全員が
 俺の事を親しみを込めて、そう呼ぶ。
 「ゼノンさんは、いったい何の用事だと思いますか?」
 アーカントス達は街へと歩きながら答える。陳老人は馬を牽く
 「実は口止めされてたんですが・・・」
 と前置きをして
 「先程、本国からの高速の伝令船が到着しやして、今月の
 10日に対ヴェネツィアのカンブレー同盟が結成されやした。」

 当時のヴェネツィアの情勢は非常に難しいものであった。
 ヴェネツィアが本土への拡張政策を取り続けていて、周辺諸国
 を刺激をしていた。特に昨年の戦争に敗北して領土の一部を
 失った神聖ローマ帝国。イタリア半島を我が物としようとしていた
 フランス。南イタリアに基盤を築いて、今こそ北イタリアに手をつけよ
 うとしているスペイン。そして、ヴェネツィア領のロマーニャ地方
 の2都市の奪還を目指しているローマ教皇領だ。
 
 1508年2月下旬 神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世がローマ皇帝
 戴冠の名目でヴェネツィア領に侵入するが、ヴェネツィア軍にあっさ
 り撃退され逆にハプスブルク領の一部を占領した。
 
 そして、1508年12月10日元々対ヴェネツィアで一致していた、フラ
 ンス、スペインを加えた同盟「カンブレー同盟」が結成された。
 加わるのは、先に述べた3ヶ国以外にイングランド、ハンガリー、
 フェラーラ公、マントヴァ侯、サヴォイア公が加わった。表向きは
 対オスマン帝国の十字軍が目的であった。

 「その為、我等の部隊を本国に招集するようにと
 通達されやした。そして、隊長は暫く考えた後に
 坊ちゃんを連れて行くと決めたようです」
 俺は感激して側に居たゼトスに抱きつき
 「やった!ゼトスやっと戦争にいけるぞ!」
 抱きつかれた腕を払いのけながら
 「あの、父上・・・僕は?」
 しかし、ゼノンは息子の頭をくしゃくしゃと撫で
 「お前はまだ13だ。それにイタリア語が話せないと連れて行くわけ
 に行かないぞ。仲間の兵なら通用するが、他の部隊はイタリア人
 なんだからな」
 「だってぇ~」とせがむのを見て
 「前の乗馬の時に馬が暴走して干草に頭から突っ込んだしな」
 と俺が冷やかす。ゼノンは豪快な笑いを響かせる。
 「それを言うナァ~~!!」冬の夕方に笑いと叫び声が響く。

 俺の住んでいる家は港町の中心部から少し南に外れた海沿いの
 丘の上にある古い屋敷だ。まぁ、外れているとは言っても港町ま
 では馬で駆ければ15分そこらで着く。
 元々は何処かの貴族の別荘だったらしいが、一族がこの島に移り
 住むようになった時に格安で譲り受けてもらった。
 家の窓から対岸のギリシャ半島が見えて、海を見ればヴェネツィア
 のガレー船や帆船が行き来している。

 コルフ島はアドリア海の玄関口だ。軍用のガレー船が数十隻も港に
 停泊している。また、交易船団も新鮮な水食料の補給や、特産品の
 オリーブやワインの積み込み、エーゲ海やアドリア海の情報の入手
 に必ずといって良いほど寄港する。そのため、港は交易船団の出な
 い今の時期以外は大量の船舶で賑わっている。
 港町は非常に入り組んでいて馬も通れない場所がある。ヴェネツィ
 アも似ているそうだ。町には航海の疲れを癒す水夫達や商人地元の
 住民で活気に溢れているが、一歩郊外に出ればオリーブの畑や葡
 萄畑、森林等ののどかな農村地帯が広がる。

 家に着くと丁度母が今日の食事に使う卵や野菜等を近くの農家で
 安く購入して帰って来たところだった。
 「お帰りなさい。お父様が呼んでいたわ」と言った。
 すると、玄関から父親が出てきた。
 「おお、帰って来たか。話があるのだ」
 既にその内容を知っている俺は満面の笑みを隠せない。
 「・・・ゼノンさては話したな?」
 「あっしは、これで失礼しやす」と逃げようとしたゼノンの首根っこを
 引っ張り、そのままヘッドロックをする。
 「何処へ行こうと言うのだね?同じ屋敷に同居しているのに・・・まぁ
 いいどの道話すつもりだったのからな。」
 手を離して俺の方に向き直り、咳払いをして話す。
 「あー、既に聞いた通りだ。今度の出征にお前を連れて行くことにし
 た。だが、まだ戦いが起こると決まったわけではないが、お前もそろ
 そろ連れて行っても良いと思う・・・・・・こっちの部屋に来なさい。」

 別室に連れて行かれると衣装箱の中から兜、胴鎧に腕当て、厚手
 の布の服とズボンに皮製のブーツを取り出す。
 「少し大きいかもしれん。だが、すぐに体が大きくなって体格に合うよ
 うになるだろう・・・着てみなさい」
 着てみると俺でも立派な戦士に見えた。少し恥ずかしくなっていると、
 「うむ、俺の子だ。よく似合うぞ・・・」
 すると、扉が開いて皆が入ってくる。そして、思い思いの言葉を送る。
 「すごいや!かっこいい」「坊ちゃん似合ってやすぜ」「ふぉふぉ、あの
 洟垂れ坊主がここまで育つとはのぅ」「似合ってるわ」「ゼトスも見習っ
 て修行するんだよ」
 それを見たメルギウスも嬉しくなった。
 「さてと、今日は前祝にぱーっと喰うぞ!」
 

 それからの数日間はあっと言う間に過ぎた。部隊の編成や物資の
 調達や船への積み込み、お世話になった人たちへの挨拶などもある
 ようやくゆっくり出来るようになったのは出航前日の1月16日である。

 その日は一日中ゼトスと遊んだ。馬で駆けたり、剣で打ち合った
 りした。暫くの間会えないからである。思えばゼトスと一日も離れ
 て暮らした事は
 なかった。ようやく、家の帰ったのは日も既に暮れていた頃である。
 家に着くと、父が首を長くして待っていた。
 「朝から見かけないと思ったらいったい何処まで行っていたんだ
 ・・・まったく泥だらけじゃないか、沐浴して来たらアーカントスは
 私と共来なさい」
 沐浴を済ませ、父と共に馬でついて行くと、丘の上で薪が焚かれて
 大鍋が準備されている。そこに居たのは父の部隊の面々でゼノン
 も居た。
 「おー来たぞ、来たぞ」「もー腹ペコだぜ」様々な声が上がる。
 「これは、いったいどういう事ですか?父上」
 俺が聞くと
 「これは、我々ギリシャ人部隊の新人が入った時に行なう歓迎の
 儀式だ・・・部隊の者だけで行い、部外者は立ち入らせない決まり
 なんだ」
 わけが分らないといった表情でいると
 「大鍋でシチューを作り皆でそれを食べるという物です」
 と、ゼノンが教えてくれた。すると山羊が連れてこられた。
 父が俺にロングソードを手渡すと、
 「お前の手で仕留めるんだ。それが決まりだ」
 山羊が兵達に取り押さえられる。
 「さぁ、やれ!迷っていては実戦で人を殺せんぞ!」

 剣を掲げ、山羊の首目掛けて振り落とす。訓練の時と同じだ。
 ただ、今回は血が吹き出て、それが命を絶たれると言うだけだ。

 山羊を仕留めると皆が拍手した。そして、山羊を手早く解体した。
 大鍋に山羊の肉とその血も入れ、野菜等がぶち込まれた。
 そして赤ワインが注がれて火に掛ける。
 「後は火が通るまでよく煮込むだけだ」
 煮込んでいる間、皆に酒が渡ると飲み始める。ゼノンが大きな
 酒樽を荷車に載せて持ってきた。
 「その酒何処で手に入れた?」兵の一人が聞くと、
 「かぁちゃんが隠し持っていた奴だ!坊ちゃんの出征祝いだ」
 「いいのか~?後でボコられるぜ」しかしゼノンは豪快に笑い
 「そンときゃぁ俺は既に海の上だ!ガーハハハハ!」
 「おーい!そろそろ煮えたようだぜ」
 ドンブリにシチューが注がれて皆の手に行き渡る。俺の手にも
 来たが・・・・・なんだこれ?真っ黒だ
 「これはな、黒スープと言う物だ。古代ギリシャ時代からあるらしい
 味は・・・・・・まぁ喰ってみれば分る」
 肉を一切れ口に入れたが・・・はっきり言ってマズイ。
 「まぁ、始めのうちはそう感じるだろうが、そのうち慣れる。栄養だ
 けは多いから戦場の料理にはうってつけだ」
 父は大分酔って来たのか、顔が赤くなり始めている。自分もなんだか
 顔が熱い・・・・・・とにかく今は飲んで喰って騒ごうと思った。


 「あら・・・おかえりなさい。寝ちゃったのね」

 「ああ、どうやらはしゃぎ過ぎたらしいな・・・しかし重くなったな」

 「もうこの子もそんな歳なのね・・・」
 
 「このまま、起こさないようにベットまで背負っていこう」


 翌日の朝 目覚めは最悪だ、胸はムカムカするし頭は痛い。
 居間に出ると、父は既に軍装だった。母は父の鎧の着付け
 を手伝っていた。
 「うむ、丁度起こしに行こうと思っていた所だ・・・どうだ気分は?」
 こめかみを押さえながら椅子に腰を下ろす
 「・・・・・・教会の鐘の中に頭を突っ込んで鳴らされたようです」 
 「しゃきっとしろ、しゃきっと!さぁ、お前も着替えなさい」
 追い立てられるように別室に向う。すると、陳老人が衣装箱を持っ
 ていた。陳老人は何故か軍装であった。
 「今回の出征はわしも行くのじゃよ、久々の実戦じゃから
 血が騒ぐのぅ」
 陳老人とゼトスに着替えを手伝ってもらった。すると父が
 「もう、皆は港に集まっている。ゼノンも既に向ったから後は
 我々だけだ」
 外に出るとゼトスの母親が馬を引いて待っていた。
 「メルギウスさんもアーカントス坊ちゃんも頑張ってや。家の事
 はあたい達に任せといて!」
 皆に挨拶をする。
 「母上、行って参ります。」「ゼトス、俺が居なくても修行をサボるなよ」
 「頑張ってね」「無事で帰って来いよな」と激励を受ける。


 馬を駆け出し港に向う、1509年1月17日だった。


 次回へ続く



 追記
 この一回で戦いまで書くつもりだったが、思ったより
 長くなってしまった・・・・・・つーかブログ始まって一番
 長い記事じゃネェか?
 後から読み返してみても、無駄な文が多いし・・・
 何処で切るか迷ったけどこれ以上長くなると、読む人が居なく
 なるのでここで一旦切らせて貰います(見てる人少ないがw)

 
スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

アーカントス

Author:アーカントス
陸戦ブログへようこそ!
大航海時代オンライン能登鯖のヴェネ人です
剣術    15(優遇時)
応用剣術 15(優遇時)
リンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。