スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣闘士のお話  その5


剣闘士にはどのようなスタイルがあるかは、前の記事で

代表的な「魚人剣闘士」「重装剣闘士」「トラキア剣闘士」

「追撃剣闘士」「投網剣闘士」について紹介したが、今日は

その他の剣闘士のスタイルについて紹介します。

ブログランキング

 サギッタリーウス(射手剣闘士)

その名の通り、弓矢を装備した剣闘士で、戦いは

射手剣闘士同士の射ち合いで決した。かなりの距離を置いて

対峙し、その弓の精度を競った。


エッセダーリウス(戦車剣闘士)

戦車に乗った剣闘士である。いや、パンターとかシャーマンじゃない

から・・・・所謂、チャリオットと言うもので2,3人乗りの幌などの無い

馬車で武装は弓または槍である。鐙の無い時代は裸の馬は大変制

御が難しく、貴族や王侯などはこのチャリオットに騎乗して戦闘を指

揮した。だが車輪の部分を狙われると脆く、騎乗した馬に比べて速度

も劣る。そのため鐙の登場以降、戦場からは廃れた。それ以降は馬車

として物資、兵士の輸送に役立った。


尚、この時代のチャリオットは高価で有ったため、王侯や貴族

した乗れない物である。だが、ローマ帝国滅亡後の騎士の時代

(中世)になるとこの立場は逆転した。「アーサ王物語」の中では

「荷馬車と言うのはもっぱら塵芥を運んだり、罪人を処刑場に

連れて行くのに使われるぐらいの物」であり、王妃を救い出すため

に急いでいた騎士ランスロットが、農奴の荷馬車に乗って居た所、騎士

ガーウェインに「騎士にあるまじき行為」と言われた位でした。


さて、話が脱線してしまいましたが次に移りたいと思います。


ブローウォカートル(挑戦剣闘士)

トラキア剣闘士の派生派で、比較的体小さく俊敏な動きを得

意とする剣闘士であった。


パエグニアーリウス(前座剣闘士)

これは他の剣闘士と違い、養成所に入ったばかりの新人剣闘士

の中で成績優秀な物を揃えて、ルディスと呼ばれる木製の剣で

観客の前で打ち合いをさせる物だった。

(競馬で言うなら2歳新馬レース見たいなモンか?)

その役目は本番が始まる前の盛り上げ役であり、さほど血生臭い

ものにはならなかったが、試合は真剣勝負で手抜きは許されな

かった。


ベースティーアーリウス(闘獣剣闘士)

剣闘士の中には猛獣と戦うことを専門としていた者も居た。

それが彼等である。彼らは闘獣専門の養成所に所属していた

と言われる。


ラクエリアス(投縄剣闘士)

投網剣闘士の網が縄に変った者で、投げ縄で相手の動きを

封じて戦うことを得意とする。
スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

アーカントス

Author:アーカントス
陸戦ブログへようこそ!
大航海時代オンライン能登鯖のヴェネ人です
剣術    15(優遇時)
応用剣術 15(優遇時)
リンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。