スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣闘士のお話 その3


剣闘士と言う職業を現代の職業に当てて解説するのは

容易ではない。大観衆の前で己の肉体を武器に真剣

勝負を披露すると言う意味では現代のK-1戦士のような

存在だったかもしれないが、現代の格闘技はたとえ真剣

勝負とはいえ、命のやり取りをする事はありえない。


ただし、特に強い剣闘士になると、有力者のスポンサーが

付く事も珍しくなかったし、市民の間では一種のヒーロー

になったと言う話もある事から、格闘技のスターに近い存在

とも言えなくも無い。


しかしその一方で、剣闘士とは使い捨ての見世物の一部に

過ぎない、と言う評価が同時に存在していたのでややこしい

古代ローマの剣闘士とはどのような人物像だったのか?
古代ローマの剣闘士は基本的に一般市民ではなかった。

では、どんな階級の出身だったかと言えば、よく知られている

ようにほとんどが「奴隷」出身であった。


ローマの奴隷市場において商品として扱われていたのは、国家

の勢力拡大に伴う「戦争捕虜」などが主であった。

元が兵士であれば剣闘士としては十分である。ただし、こうした事

情は市民も知っていたので、剣闘士がいかに勇猛に戦おうとも、

其処に向けられる目は奴隷に向けられるものと大差は無かった。


しかし中にも例外はあった。と言うのも一般に剣闘士の世界は

社会的地位は低かったが、ごく少数の人気剣闘士になれば金と

名声の両方を手に入れられた。また相応の活躍をすれば、その

褒美として、自由の身になれる可能性もあった。


さらに、人気剣闘士は現在の映画スターのような感覚で、市民の

羨望の眼差しを浴びていた他、容姿、肉体美に優れた人気剣闘士

は、上流階級層の愛人として引く手あまただったそうな・・・・・^^;


市民の間では「お前みたいな出来の悪い子は、将来は剣闘士ぐらい

なものだ・・・・・・」と言われる一方で、夜な夜な貴族の屋敷で酒池肉

林に溺れる剣闘士も少なくなかったそうな。


こんな実態では、一攫千金を狙う貧民や、格好良さに憧れた市民の

若者が、自ら志願して剣闘士養成所の門を叩くことも珍しくなかった。

しかも驚きなのが、このような志願者も普通に許されて居たと言う。
スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

アーカントス

Author:アーカントス
陸戦ブログへようこそ!
大航海時代オンライン能登鯖のヴェネ人です
剣術    15(優遇時)
応用剣術 15(優遇時)
リンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。