スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣闘士の話  その2


アンピテ・アートルム(円形闘技場)を舞台にした過酷な戦いの

場に身を置いていたグラディエーター(剣闘士)は、主として

その風貌と装備の違いからいくつかの種類に分かれていた

ことがわかっている。それぞれどのようなキャラクターだった

かを解説します。
ポプロマルス

重装剣闘士と訳される・堅牢な兜に腕のプロテクター

そして特徴的なのが小型の胸当てをつけていたようだ。

武器はグラディウスの他に槍も使われていたらしい

盾は持っていない。


トラークス

トラキア剣闘士と訳され、典型的な剣闘士の基本スタイル

である。派生型にはセクトルなどがあったようだ。数百年

の歩みの中で防具などが最も進化し、最終的には鎖帷子

まで装備していたようだ。


ミュルミッロー

魚人剣闘士と訳される。装備や戦い方はトラークスとほぼ同じ

であるが特徴としては盾のサイズが大きかったのと、兜の羽飾り

が魚の背びれに似ていたのでこう呼ばれるようになった。


セクトル

追撃剣闘士と訳される。基本装備はミュルミッローと似ているが、

目の所に穴が2つ開いたヘルメットタイプの兜が特徴。

兜の重さと呼吸の難しさから短期決戦が必須だった。

武器は短剣かグラディウスで、レティアーリウスと仕合を組まれる

事が多かった。


レティアーリウス

投網剣闘士と訳される。この剣闘士の戦い方は左手に持っている網で

相手の動きを封じ、持っている三叉の矛で相手を仕留めるという戦術。




まとめるとこんな感じです。

次回は剣闘士の実態と彼等の生活について書きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

アーカントス

Author:アーカントス
陸戦ブログへようこそ!
大航海時代オンライン能登鯖のヴェネ人です
剣術    15(優遇時)
応用剣術 15(優遇時)
リンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。