スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファランクスが活躍した戦い その7 ピュドナへの道

第2次ポエニ戦争でハンニバルが敗れると、シリアと

同盟を結び小アジアに進出した、マケドニア王フィリッポス

5世。しかし、阻止されると、今度はアテナイを攻撃した。

しかし、アテナイの要請を受けてローマが介入してきた・・・

第2次マケドニア戦争の始まりだった。(前200)

カルタゴを降したローマは強大な陸海軍を以て、マケドニア

と対峙した。アッティカ(ギリシャ南部)とエウボイア島が陥落した。

イリュリアからテッサリアに進んだローマ軍と、ぺラから出撃した

マケドニア軍がキュノスケファライで激突する。(前197)

この戦いで、マケドニア軍は大敗し、本国以外の領土を放棄

と言う講和を呑まされてしまった。(前196)

フィリッポスの後を継いだのは、聡明な息子ペルセウスだった。

彼は、かつてのマケドニアを復活させるべく、軍隊の再建と近

隣諸国と同盟を結び、戦力を蓄えていった。

しかし、危機感を抱いたローマはマケドニアに対して宣戦布告。

まだ、不十分な戦力での絶望的な戦いが始まった。

第3次マケドニア戦争である。

戦い序盤。ローマ軍は山地での兵站や、規律の乱れ等の問題

を抱えていた。そのため戦局は、マケドニア軍の有利に運んでいった。

ローマ軍側は指揮官を何度も変えたが、マケドニア軍優位に変り

はなかった。

しかし、ローマ軍に新たな司令官が派遣された。


執政官ルキウス・アエミリウス・パウルス。


彼の父親も同じ名前でカンネーの戦いで戦死している。

尚、彼の息子はかの小スピキオとクィントゥスであり、彼の娘は

大カトーに嫁いでいる。このプロフィールからも分かるが、ローマ

の名門中の名門だった。

一方のマケドニア軍は左右をオリュンポス山と海に囲まれた隘路

に砦を建てて防衛体制をとっていた・・・

万全体勢で待つマケドニア軍にローマ軍はどのように攻略するのか

次回は「ピュドナの戦い」を取り上げたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

アーカントス

Author:アーカントス
陸戦ブログへようこそ!
大航海時代オンライン能登鯖のヴェネ人です
剣術    15(優遇時)
応用剣術 15(優遇時)
リンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。