スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファランクスの活躍した戦い  その6 前編

最近更新できなくて、本当にすみませんでしたぁ!・・・・・・orz

もうね、ここの所休みが取れなくてね。来週は休み1日取れるらしいけど・・・

 仕事終わり(11:00)>終電(11:30)>家帰る(12:30)>飯&風呂(1時)

これでは、ゲームする暇が無い・・・(朝は11時から仕事なのが救い)

もうゴールしてイイッスヨネ?

では、ネタはこのくらいにして本日の戦いです。

今回の記事は、「ガウガメラの戦い」を扱います。

ガウガメラの戦い 陣形
前回の「イッソスの戦い」の後の2年間の間に、アレクサンドロスは

エジプト、地中海沿岸地帯を制圧。ついにペルシャの心臓部に侵攻した。

紀元前331年10月 ガウガメラ平原にて両軍は対峙した。

この戦いはマケドニア軍、ペルシャ軍共に全ての兵力をかき集めた

決戦であった。

両軍の兵力数ははっきり分かっていない(様々な説がある)が、

ココでは大体、マケドニア軍は歩兵4万 騎兵7千

ペルシャ軍がその2~3倍位だったと推測します。

(ペルシャ軍は100万だとか50万だとか言われるけど

現代戦ではあるまいし、そんなに集めれるわけ無いだろ)

次に兵器の差だが、ペルシャ軍は自慢の不死隊や戦象、戦車

(この戦車はチハたんとかでは無く、平たく言えば弓兵が乗った馬車の事)

を持ってきたが、他の部隊は錬度、士気は低く、主力の重装歩兵

の数も負けていた。

一方マケドニア軍は兵力こそ負けていたが、歴戦の兵揃いであり

重装歩兵の槍も6mの長さだった。(ペルシャ側は2~3m程度)

何より兵達はアレクサンドロスに心酔しており、その士気の高さは

計り知れない・・・・

ペルシャ軍側の指揮官は中央にダレイオス自ら指揮を執った。

その、左翼を支えるのはバクトリア太守ベッソス。

右翼はシリア、バビロニア太守マザイオスが指揮した。

一方マケドニア軍側は二手に分かれた。

マケドニア軍右翼はアレクサンドロスが指揮を執り、

左翼はパルメニオンに任せた。






今日は、戦いの配置の配置までにします。戦闘結果は

次の記事までお待ちください。
スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

COMMENTS

No title

提督、遅くなりました。
私きたよぉぉぉー!!

No title

うぃー、後ブログリンクしておkですかい?

No title

おけーざんす。
今日明日にでもこっちもリンクをぺったりしときますわいなぁ

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

アーカントス

Author:アーカントス
陸戦ブログへようこそ!
大航海時代オンライン能登鯖のヴェネ人です
剣術    15(優遇時)
応用剣術 15(優遇時)
リンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。