スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファランクスが活躍した戦い その1

マズは映画「300」でも有名になったテルモピレー(テルモピュライ)の戦いを紹介したいと思います。テルモピレーの戦い
テルモピュライの戦い
 コレが、テルモピレーの戦いの位置関係です。

 この場所はテッサリアから中央アジアへの基幹道路であり、15m程の道幅しかなく、ペルシャ軍得意の大軍を生かした戦術が取れなかった。

 対するギリシア連合軍側は大軍に包囲される恐れも無く、得意のファランクス戦術が生かせると言う利点があった。

 戦いの一日目、ペルシャ軍の軽装歩兵メディア軍は、一万近い被害を出したものの、敵を敗走させる事は出来なかった。

 2日目、前日の戦いでギリシャ軍の精強さと、スパルタ軍のファランクスの強さを見せ付けられた、ペルシャ軍は、ヒュダルネスの不死部隊を投入したが、街道の城壁を利用して戦う連合軍に撃退されてしまった。

 しかし、ペルシャ軍は、アノパイア間道の存在を知った。

 コレを利用して、ペルシャ軍は、夜のうちに敵の背後に回り込む事に成功した。

 そして三日目、敵に背後へ回られた事を知った連合軍は会議を開いたが、徹底抗戦か撤退かで意見は分かれた。

 そして、撤退を主張するギリシャ軍は各自撤退してしまい、残ったのはスパルタ軍重装歩兵300、デバイ、テスピアイ兵1100、スパルタ装甲歩兵1000を加えた2400人だった。

 そして、夜明けと共に全軍を持って出撃した。

 今までは、街道の城壁などによる、防衛戦がメインだったが、この日は道幅の広い所まで進軍した。

 スパルタ軍のファンランクス戦法は、右手に大槍を持ち、左手にポプロンと呼ばれる円盤状の盾を持っていた。

 自分の盾で、左側の味方を守り、自分は、右側の味方の盾に守ってもらう。

 次の列も同じ編成で、並んでおり槍が隙間無く敵に向けられるのである。

 しかし、この戦法には重大な欠点もあった。

 後方や右側面からの攻撃に弱いだけでなく、密集隊形であるが故、方向転換や、追撃戦などの柔軟性に欠けるのであった。

 結局、この戦いは広い所まで進軍した結果、ペルシャ軍の大軍により、包囲殲滅されてしまった。レオニダス王

スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

アーカントス

Author:アーカントス
陸戦ブログへようこそ!
大航海時代オンライン能登鯖のヴェネ人です
剣術    15(優遇時)
応用剣術 15(優遇時)
リンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。